テロ 対策│人質になったときの心構え

今回はちょっとシリアスにいきます。

被害にあった日揮の社員の方々には心からお悔やみをもうします。
さて外国特に紛争地に行くことになった場合
どれだけ非戦闘区域と言っても安心できません。

いつ今回の様な事件が起きるかは誰にもわからないのです。

絶対必要なスキルは
現地の言語
です。

現地の言葉がわからなければ、危険が迫ったときに
理解できないからです。

「敵襲だ!」「テロだ!」「逃げろ!」
など理解できないで現地に行くのはとても危険です。

そしてすばやい行動です。
日本人は平和ボケしているようで危機にたいして反応がにぶいです。
今回助かった人達は危険を感じたときにスグに隠れたといいます。
この差が生死を分けたのです。

テロに捕まったら確実に死です!
※テロリストに殺されるか、政府軍にテロと一緒に殺されるか・・・。

こういった本を何冊もよんで必ず生き抜きましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

高度な注文方法